< TOPへ戻る

知っているようで知らなかったアミノ酸!? Q&A

まず、人体の構成成分とアミノ酸との関係について、おしえてください。
私たちの体を構成している成分の約70%が水分であることは、多くの方がご存知かと思います。
それ以外の成分としては、細胞レベルでみると約60兆個の細胞で、さらに分子レベルでは約80%のタンパク質でできているといえます。
このタンパク質を構成している最少の成分が「アミノ酸」で、DNAはもとより、地球上のすべての生命の根源となるものです。
自然界には500種類以上が存在していて、そのなかで人の体をつくっているアミノ酸は、わずか20種類です。
グラフ
20種類のアミノ酸とは、どのようなものですか?
これらのアミノ酸は、9種類の必須アミノ酸」と11種類の「非必須アミノ酸」に分けることができます。
必須アミノ酸は体内で合成できず、食品から摂取する以外方法がないため、毎日のバランスのとれた食事が大事です。
グラフ 一方、非必須アミノ酸は体内で合成することができますが、
偏った食生活や不規則な生活習慣、ストレス、加齢などで何かと不足しがちです。
それぞれのアミノ酸の働きで、特徴的なものは
ありますか?
たとえば、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンは、BCAA(分岐鎖アミノ酸)と呼ばれ、筋肉中のタンパク質を合成することでスポーツ用としてよく目にします。
ところが医療機関では、BCAAを肝機能障害の改善薬として使います。
非必須アミノ酸のアルギニンは、血管拡張作用や成長ホルモンの分泌を促進しますが、免疫製剤の医薬中間体としても使います。
アルギニンとともに最も薬理効果の高いグルタミンは、体内に豊富にあるアミノ酸で、免疫細胞や創傷部位の細胞分裂のエネルギー源として重要です。
医療では、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの抗潰瘍剤としても使われます。
また、野菜のアスパラガスに多く含まれ、エネルギー源として利用されやすいアスパラギン酸もカルシウムと化合して、アスパラギン酸Caになると骨粗しょう症などの骨障害の改善薬です。
そのほか意外なところでは、必須アミノ酸のメチオニンを基に体内で作られるシステインは美白のアミノ酸で知られますが、医薬では放射能性障害による白血球減少症の治療に使われ、メチオニンそのものも薬物中毒の解毒剤として使われます。
このようにアミノ酸は、食品成分とは思えないほど幅広い特徴を持っています。
食事で摂取しきれないアミノ酸を効果的な摂るにはどうすればよいでしょう?
食品からしか摂ることのできない必須アミノ酸はもちろん、不規則な生活で食事だけではなかなか摂取しきれない非必須アミノ酸も、補助食品としてサプリメントから摂取することが推薦されます。
それでは、良いアミノ酸サプリメントの選び方は?
アミノ酸サプリメントは、特定のアミノ酸だけを使って疾患を改善するアミノ酸製剤とは違い、健康維持・増進、機能改善が目的です。
大事な点は、アミノ酸やビタミンなどの成分バランスが、どの程度整っているかが一番重要になります。
それには、医療機関で利用されているもの、ドクターや医療関係者が推薦するものなど、信頼のおける製品を選び、適切に利用することが大切です。実際に私も、アミノ酸サプリメントを医療用補助剤として、患者さんに推薦しています。
医療費の削減と健康寿命延伸の観点から、セルフメデュケーションが国策として推進されるそうです。そうしたなか、今後アミノ酸に期待されることはありますか?
年々高齢化が進む日本において、2030年には65歳以上の高齢者人口が全人口の31・8%になるといわれ、超高齢化社会を迎えようとしています。
自分の健康は自分で守る、セルフメディケーションという考えから、いかに寝たきりにならずに健康寿命を延ばすかが問題です。
アミノ酸の効果として、生活習慣病対策、加齢による筋肉減少症、骨、関節疾患からくるロコモティブシンドロームといわれる運動機能の低下や、慢性疾患には軽い運動とアミノ酸の摂取で大いに効果を期待できます。

ページの先頭へ▲

●予防医療や代替医療にも応用できるアミノ酸サプリメントの有効性と可能性

医療用補助剤としてアミノ酸のサプリメントを臨床応用している、
黒川先生にアミノ酸の有効性と今後についてお伺いしました。

政府はH26年6月24日に、規制改革実施計画を閣議決定しました。
このなかに混合診療を拡大する新制度の創設や、医療機関でのサプリメント販売解禁などが盛り込まれていますが?
これまでも医療機関でのサプリメント販売は、医療法上、「付随業務」として可能でした。
ところが、「付随業務」の解釈が自治体によりさまざまで、患者さんのニーズに合わせたサービスが十分に行われていないのが実情でした。 今回の閣議決定の内容は、「医療機関における業務範囲の明確化」で、改めて「医療提供または療養の向上の一環」として明文化されました。
9月には、保健医療機関でのサプリメント販売が正式に解禁されます。
解禁されることで、今後何らかの変化や考えられる問題点はありますか?
正式に解禁されることにより、今まで自由診療の医療機関で多く取り扱ってきたサプリメントが、今後は調剤薬局や保険医療機関で取り扱うケースが増えると考えられます。
また、問題点ではありませんが、「医療提供または療養の向上の一環」、と明記されています。
分かりやすくいうと医療機関で扱うサプリメントは、「治療・養生」という医療としての目的が明確になったということです。
そういう意味では、医療関係者が患者さんに提供する商品ですから、選択責任がますます重要になったといえます。
医療関係者や患者さんは、どのように商品を選択すればよいのでしょう?
とくに原材料や商品のエビデンス(科学的根拠)が確立されていて、臨床応用の経緯があり、作用機序がきちんと説明できるもの、すなわち症状が改善する仕組みが確かな商品を選ぶことです。
先生は以前より、アミノ酸サプリメントを医療用補助剤として活用されていますが、導入されたきっかけと臨床応用の結果はいかがですか?
アミノ酸サプリメントは長い間、医療機関で栄養剤として使われ、エビデンスが確立されているため導入しました。
当初は、患者さんの免疫低下の抑制が目的で採用し、予想どおり驚くほどの結果を得ることができました。
そのほかでは、疲労回復、骨密度の向上、機能性便秘の改善、皮膚疾患の改善、創傷部位の改善、血糖コントロールなど、大変広範囲な有効性と即効性が確認されました。
なぜ広範囲に有効性が現れたのですか?
医療分野では、必須アミノ酸のバリン、ロイシン、イソロイシンは、肝機能障害の改善薬として使います。
また、非必須アミノ酸のグルタミン酸は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの抗潰瘍剤としても処方しています。
血管拡張作用や成長ホルモンの分泌を促す、非必須アミノ酸のアルギニンは、免疫製剤の医薬中間体としても使います。
アスパラギン酸は、カルシウムと化合してアスパラギン酸Caになると、骨粗鬆症などの骨障害の改善薬に。
メチオニンをもとに体内でつくられるシステインは、放射能性障害による白血球減少症の治療に使われ、メチオニンそのものも薬物中毒の解毒剤として処方されるなど、アミノ酸は医薬品にも使用されています。
一般の方には、アミノ酸というと筋肉をつくるスポーツ用のサプリメントというイメージもありますが、本来アミノ酸はもっと多方面に有効性を発揮できる成分なのです。
アミノ酸は人の健康のベースとなって、疾病予防や体力の維持・増進に大きく関わっています。
私が採用したアミノ酸のサプリメントは、アミノ酸を主成分にビタミン、ミネラルなどの補酵素や抗酸化物質など不足しがちな栄養素の配合バランスを整えた複合剤です。このため、非常に広範囲な有効性と即効性が得られたといえます。
今後、アミノ酸の複合剤に期待できる予防改善作用などはありますか?
たとえば、予防医学の観点からは、脳卒中や糖尿病などの生活習慣病といわれる慢性疾患の予防改善。
免疫疾患や精神疾患などの疾病リスクを回避するうえでも、必要といえます。
また、加齢に伴い筋肉や骨密度の減少、関節疾患など、運動機能の低下からくるロコモティブシンドロームの改善や予防。
医療現場では術後の機能回復や代替医療の分野でも十分対応できるといえます。
アミノ酸は毎日摂取することで健康なカラダの基礎をつくり、健康増進や美容には欠かすことのできない栄養素といえます。
「病気をするのも、治すのもアミノ酸」といわれるぐらい、私たちのカラダにとって、アミノ酸は大変重要な成分です。
いつまでも若々しく、元気で過ごされたい方などに、アミノ酸は力強いパートナーにきっとなってくれるはずです。

ページの先頭へ▲

もっと知ろう、アミノ酸!!

アミノ酸はどうやって作るの?
アミノ酸の製法は古くはタンパク質に塩酸などを加え、アミノ酸に分解後、特定のアミノ酸だけを抽出する「加水分解法」や、石油由来成分により化学合成する「合成法」が用いられてきました。
しかし、コスト面・安全性の問題から、現在のアミノ酸の大半は「微生物発酵法」で製造されています。
製法は、体外に特定のアミノ酸だけを大量に分泌する微生物にトウモロコシ(澱粉)やサトウキピ(糖蜜)を加え、分泌されたアミノ酸だけを抽出精製する天然由来の成分です。
製法こそ違いますが、大豆などから作る味噌や醤油などと同様に発酵製品のひとつです。
このような製法で抽出された一つ一つのアミノ酸を『結晶アミノ酸』といいます。
タンパク質(プロテイン)・ペプチド・アミノ酸は何が違うの?
「タンパク質(プロテイン)→ペプチド→アミノ酸」は食物を食べたときの消化分解のプロセスです。
「タンパク質」はアミノ酸が数十個~数万個集まった状態をいいます。
食物に含まれるタンパク質は口から入り、胃の中で胃液に分解され、十二指腸で消化酵素によりアミノ酸が数個~数千個集まった「ペプチド」という状態になります。
その後、ペプチドは小腸に入り、タンパク質の最小単位の「アミノ酸」に分解されて吸収されます。
アミノ酸の状態ではこれ以上、消化分解を繰り返すことがありませんから、消化器官の負担が軽くなり吸収効率は高くなります。
『結晶アミノ酸』を直接摂るということは、タンパク質の消化プロセスが必要ありませんから、吸収が早く無駄がないため即効性があり、胃腸への負担が軽減されます。
食品から摂るタンパク質(プロテイン)には20種類のアミノ酸が含まれていますが、
『結晶アミノ酸』とどうちがうのですか?
食品からタンパク質を摂取すると、3~4時間かけて腸管で分解された後、アミノ酸として肝臓や血液中に蓄えられ、体内で必要としている場所ヘタンパク質として再合成されます。
確かに、食品には20種類のアミノ酸が含有されていますが、人の身体は摂取したタンパク質に含まれる、一番少ないアミノ酸に合わせてタンパク質に再合成するため、アミノ酸の偏りが出きてしまいます。
それでは、たくさんの肉や魚を摂れぱ良いのかということになりますが、今度は大量の脂質など余分なものまで同時に摂取することになります。
それにくらべ、『結晶アミノ酸』は消化・分解の作業が必要ないので服用後20~30分程度で小腸から吸収されます。
アミノ酸サプリメントは、食品だけでは摂取しにくい『結晶アミノ酸』を配合することで、カラダが必要としている部分へ速やかに運ばれ修復に利用されます。
アミノ酸サプリメントにもいろいろな種類がありますが、何が違うのですか?
人のカラダを構成している20種類のアミノ酸はタンパク質という形でそれぞれの部位に存在しています。
基本的にアミノ酸サプリメントは目的に合わせて配合を変えています。
たとえば、毛髪や爪を構成しているケラチンというタンパク質にはシスチンというアミノ酸が多く含まれ、肌を構成しているコラーゲンというタンパク質にはプロリン・グリシン・アラニンというアミノ酸が多く含まれます。
また、筋肉にはBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)というアミノ酸が多く含まれます。
同じアミノ酸サプリメントでも、配合内容や組み合わせが違いますから、スポーツ用や美容用など目的に合わせてお使いいただくのが効果的です。